FXスキャルピングで利益爆上げ!?【あなたはスキャルピングを正しく理解してますか?】

f:id:souta0122:20200122203211p:plain

こんにちは、たこです🐙

先日、以下のようなツイートをしました。

今回は「スキャルピング」の話をします。
そして、これは「稼げる手法」だったりします。

記事で解説していきます。

FXスキャルピングとは?

f:id:souta0122:20200309151649p:plain

FXスキャルピングは、FXトレーダーが通貨ペアを売買するために使用する取引スタイルで、利益を得るために短期間だけ保持します。FXスキャルピングは、1日を通して一般的な小さな価格変動を利用して、多数の取引を行います。スキャルピングはトレードごとに5〜20ピップなどの小さな利益を獲得するだけでなく、ポジションサイズを増やすことでFXスキャルピングでの利益を拡大できます。

FXスキャルピングでは通常、数秒から数分の取引を保持し、1日以内に複数のポジションをオープンおよびクローズします。

スキャルピングを理解する

f:id:souta0122:20200309151913p:plain

通常、FXスキャルピングはレバレッジ(日本では25倍まで)を利用します。これにより、より大きなポジションサイズが可能になり、価格のわずかな変化がかなりの利益になります。たとえば、10,000ドルのポジション(ミニロット)でのEUR / USDの5ピップの利益は5ドルであり、100,000ドルのポジション(標準ロット)では5ピップの移動は50ドルに相当します。

FXスキャルピング戦略は、手動でも自動でもかまいません。手動システムでは、トレーダーがコンピューター画面に座って信号を探し、売買するかどうかを解釈します。自動取引システムでは、プログラムを使用して、入力されたパラメーターに基づいて売買するタイミングを取引ソフトウェアに伝えます。

スキャルピングは、米国の雇用レポートや金利の発表などの重要なデータがリリースされた直後に人気があります。これは、これらの影響の大きいニュースが短期間で大幅な価格変動を引き起こします。これは、素早く取引に出入りしたいFXトレーダーにとって理想的な手法です。ボラティリティの増加により、リスクを軽減するためにポジションサイズが縮小される場合があります。トレーダーは通常、取引で10ピップを作ろうとすることが多いですが、主要なニュース発表の後、たとえば20ピップ以上をキャプチャにしてみても良いかもしれません。

スキャルピングのリスク

f:id:souta0122:20200309152015p:plain

FXスキャルピングには、あらゆるスタイルの取引と同様にリスクがあります。多くの収益性の高い取引が行われた場合、利益はすぐに蓄積されますが、トレーダーが自分が何をしているか、または欠陥のあるシステムを使用している場合、損失はすぐに増加します。たとえ取引ごとに少額のリスクがあったとしても、多くの取引を行うことは、それらの取引の多くが最終的に敗者になった場合、重大な損失になっている可能性もあります。

レバレッジとスケールアップされたポジションサイズもリスクをもたらします。トレーダーのアカウントに10,000ドルがあり、100,000ドルのポジションサイズを使用しているとします。これは、10:1のレバレッジに相当します。トレーダーは各取引で5ピップのリスクを冒そうとしており、10ピップの利益を得ると外に出ようとします。

これは実行可能なシステムですが、トレーダーが5ピップの損失を出せない場合があります。市場はストップロスポイントを介してギャップが生じる可能性があり、最終的に20ピップの損失で抜け出します。スリッページとして知られるこのシナリオは、主要なニュース発表の前後で一般的です。したがって、FXトレーダーは予想した4倍も失います。これらの滑りシナリオのいくつかは、アカウントをすぐに使い果たす可能性があります。

FXスキャルピングには、小さなスプレッド、低い手数料、および任意の価格で注文を投稿する機能を持つ取引口座が必要です。これらの機能はすべて、通常ECN FXアカウントでのみ提供されます。これらは、トレーダーがマーケットメーカーのように振る舞うことを可能にするアカウントです。マーケットメーカーは、選択した場合、入札価格で購入し、オファー価格で販売できます。典型的な外国為替取引口座では、小売クライアントはオファーで購入し、入札で販売する必要があります。典型的な外国為替口座もスキャルピングをやめさせるか、許可していません。

スプレッドまたはコミッションが高すぎる場合、またはトレーダーが取引できる価格が制限されすぎる場合、外国為替スキャルパーが成功する可能性は大幅に減少します。

スキャルピング戦略

f:id:souta0122:20200302172806p:plain

FXスキャルピング戦略には通常、いくつかの広範なカテゴリに分類されますが、無数の取引戦略があります。

トレンドトレーディング戦略には、トレンドの方向に進み、トレンドが続く場合に利益を獲得しようとすることが含まれます。

カウンタートレンド取引は、スキャルパーにとってより困難ですが、トレンドの反対方向のポジションを取ることを伴います。このような取引は、トレーダーがトレンドが反転または後退することを期待するときに行われます。

範囲戦略はサポートとレジスタンスのエリアを特定し、トレーダーはサポートの近くを買い、レジスタンスの近くを売ろうとします。トレーダーは、変動する価格アクションから利益を得ています。

統計トレーダーは、特定の条件で発生する傾向があるパターンまたは異常を探します。これには、たとえば、特定のチャートパターンが特定の時刻に表示される場合に、5分間ポジションを購入/販売および保持することが含まれます。統計的な外国為替スキャルピング戦略は、多くの場合、時間、価格、曜日、またはチャートパターンに基づいています。

EUR / USDのスキャルピングの例

f:id:souta0122:20200309152057p:plain

外国為替スキャルパーがトレンド取引戦略を使用してEUR / USDを取引すると仮定します。彼らは最近のトレンドを特定し、引き戻しを待ってから、価格がトレンド方向に戻り始めたときに買います。

ボラティリティに応じて、トレーダーは通常4ピップのリスクを負い、8ピップで利益を上げます。報酬はリスクの2倍であり、好ましいリスク/報酬です。ボラティリティが通常よりも高い場合、トレーダーはより多くのピップのリスクを負い、より大きな利益を上げようとしますが、ポジションサイズは4ピップのストップロスよりも小さくなります。

トレーダーが10,000ドルのアカウントを持ち、取引ごとにアカウントの0.5%のリスクを冒そうとしているとします。つまり、取引ごとに50ドルを失う可能性があります。彼らは4ピップを危険にさらしています。各標準ロット(100,000ドル)は、1ピップあたりの純損益で10ドルに相当します。トレーダーは4ピップのリスクがあるため、1.25標準ロット($ 50 /(4ピップx $ 10))を取引できます。 1.25標準ロットで4ピップを失うと、1取引あたりの最大リスクである50ドルを失います。彼らの利益は2倍なので、8ピップを稼ぐと100ドルを稼ぐでしょう。

アカウントには10​​,000ドルがありますが、100,000ドルのポジションサイズを使用しています。これは10:1のレバレッジです。

次のチャートは、最近のトレンド方向に基づいた3つの取引を示しています。最初の取引は8ピップ、つまり100ドルの勝者です。 2番目の取引は、4ピップまたは50ドルの損失です。次の2つの取引は、8ピップ、つまり各100ドルの勝者です。

f:id:souta0122:20200309154153p:plain
FXスキャルピング取引のEUR / USD (1分チャート)

その日の全体的な利益は、勝者3人(300ドル)-敗者1人(50ドル)、つまり250ドルです。 1日あたり2.5%の収益である10,000ドルのアカウント。これは、スキャルピングの配合力を示しています。反対に、勝ちトレードを見つけることは簡単ではなく、トレードごとにアカウントの0.5%をリスクにさらしても、トレーダーが健全な方法を持っていなければ、損失はすぐに増加します。

表示されている取引は、デモンストレーションのみを目的としています。

まとめ

f:id:souta0122:20200211152705p:plain

スキャルピングについてお話ししました。初心者の方はFXでよく出てくる単語を理解し、獲得した知識を実践でしようして自分なりの手法を見つけていってください。

中級、上級者の方々は、プロトレーダーの方もスキャルピングをよく使って多くの利益を上げている方が多いのでぜひ、使いこなして今まで以上に利益を獲得しましょう。

Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です